安曇野の小さな美術館


by bana_moon

カテゴリ:企画展の案内( 13 )

新しい企画展のお知らせ

c0154713_1412113.jpg
 西 淑 作 品 展
 Nishi Shuku Solo Exhibition
 2009年3月12日(木)-5月6日(水)












c0154713_14175451.jpg













1F「週刊新潮」表紙絵原画展vol.17 / 2F 西淑作品展
※4/30・5/7(共に木曜日)は祝日明けの休館日となります。
[PR]
by bana_moon | 2009-03-09 14:21 | 企画展の案内
バナナと三日月 展
10月末まで行なわれていた前回の企画展です。

会期終了後すぐに、
安曇野スタイル2008のイベントへ突入したのでご報告遅れました。
ウチの屋号の ”バナナと三日月”をテーマに、
多彩な作家さんに作品制作して頂いた、こんな企画展でした。

c0154713_1534267.jpgc0154713_15342862.jpg
 成瀬 遼

 今回の企画展DMのイメージ画像に使用した作品。
 五年程前にウチの嫁さんが、気に入って購入した絵です。

 「無題」 キャンバス・アクリル画。










c0154713_15352929.jpg
 成瀬政博

 雑誌「婦人の友」の挿画に使用した絵を出品。
 いつもの「週刊新潮」の表紙絵と違う横長作品。

 「バナナボート」 キャンバス・アクリル画。







c0154713_15364037.jpgc0154713_15372648.jpg
 みやまつともみ

 みやまつさん お馴染みの貼り絵。
 いつ見ても丁寧に貼ってますねぇ。
 今回は、空に浮かぶバナナを月に見立てて。

 「バナナのムーン」 紙・貼り絵。










c0154713_15382682.jpgc0154713_15393211.jpg
 みやしたゆみ

 雑誌のイラストレーションでは
 鉛筆を使ったイラストの印象が強い みやしたさんですが、
 今回は水彩でバナナムーンの館内をイメージ?
 絵に添えられた詩には、
 ”松の森 ポカリうかびて バナナムーン”

 「月のテーブル」 紙・水彩画。








c0154713_1541585.jpgc0154713_15424119.jpg
 ひらいみも

 淡い色合いに絶妙な構図の いつもの みもさん。
 さりげなく三日月が浮かんでいるのですが、
 ウチのショボいカメラでは拾いきれず。残念。
 来年、バナナムーン二度目の展示を予定。

 「I'll Remember」 紙・デジタル+色鉛筆画。









c0154713_15433691.jpgc0154713_1544110.jpg
 couleur

 今回はワンピースをベースに刺繍と三日月のパッチワーク。
 普段着れそうな洋服というよりも作品的に仕上げたそうです。
 本人に着てもらった写真もあれば良かったですねぇ。

 「月夜のバナナムーン」 テキスタイル・ワンピース。










c0154713_1544373.jpgc0154713_15452392.jpg
 三谷孝幸

 今回は色数の少ないモノトーン調。
 花びらの上に座ってるコがピアニカで、
 童謡 ”バナナン バナナン バッ ナ〜ナン♪”
 と、演奏しているそうです。

 「バナナン」 紙・銅版画。 






c0154713_1555939.jpgc0154713_15553153.jpg
 西 淑

 京都在住の若手イラストレーターの西さん。
 来年企画展をして頂く予定で、今回初参加。
 鮮やかなブルーと女性の仕草が印象的。

 「真夜中のバナナセーキ」 紙・アクリル画。










c0154713_15562564.jpgc0154713_15565638.jpgc0154713_15571788.jpg









cochae

折り紙創作ユニットの彼らから参加OKのお返事をもらった時には、
折り紙でバナナか三日月を折ってくれるのでは?と思っていたら、
月のクレーターをプリントした折り紙で、不思議な”顔”の折り紙が届いた。
いい意味で期待を裏切ってくれ最高!

「BANANA FACE」「MOON FACE」 折り紙・立体。





c0154713_15581538.jpgc0154713_15583041.jpgc0154713_15584596.jpg












竹崎勝代

竹崎さんの木版画は洒落てる。
形も色もシンプルな組み合わせがいい。
日本の伝統技法で北欧的な感じがする。今回は三日月。

「星の唄 The song of star Ⅰ・Ⅱ」 和紙・木版画。





c0154713_15593815.jpgc0154713_165332.jpgc0154713_166037.jpg












辻 恵子

今回はアクリル画と、彼女の真骨頂の切り絵。
そして、”三日月とウサギ”のモビールも作ってくれた。
それぞれ違った技法で出品してくれましたが、
共通していいのが、人物のフォルムがいいんですよね。

全て「無題」 キャンバス・アクリル画 紙・切り絵。





c0154713_2037486.jpg
 成瀬憲子

 ”ぺら本”という、超ゆる〜い自作本を出品。
 写真を撮る前に完売。
 なので、ゆる〜い写真を。

 「ぺら本」 紙・本。









以上、バナナと三日月 展のご紹介でした。

ウチの屋号がテーマとあって、
個人的には全部手元に残しておきたい愛おしい作品ばかりで、
もっと、会期を長くして観てもらいたかったくらいでした。

また、個別に企画展を予定している方もいますので、
こらからも参加作家さん共々応援してくださいね。

ご覧になって頂いたお客さん。
ありがとうございました。
[PR]
by bana_moon | 2008-11-07 20:48 | 企画展の案内

新しい企画展の案内

c0154713_13184439.jpg






















フーフー 展 成瀬政博・成瀬憲子

30年程前、大阪・淀屋橋の画廊街などで、ぼくたち夫婦の展覧会を毎年のようにしていました。
あの頃は、子育てをしながら絵を描いては個展を開き、「フーフー通信」なる小冊子を作ったりと、
楽しくも、仕事も暮らしもフーフーな毎日でした。
安曇野へ移り住んで20年、子供たちは成人し家を出て、今春から夫婦ふたりの生活。
久しぶりに、夫婦ふたりの展示をすることになりました。
当時の懐かしい絵や、最近、仕事以外で描いている絵などを展示したいと思っています。
嫁はんは何を出すのか知りませんが、よかったら観に来てください。成瀬政博(談)

10/31(金)〜11/3(祝)は、安曇野スタイル2008開催期間です。
今年もバナナムーンでは、4日間限定・成瀬政博のオリジナル紙芝居を行ないます。
毎日午後三時〜10分程度。ご覧になられる方には駄菓子のプレゼント付です。

1F「週刊新潮」表紙絵原画展vol.16 / 2F フーフー展

※12/12(金)〜14(日)は臨時休館となります。
[PR]
by bana_moon | 2008-10-31 13:20 | 企画展の案内

新しい企画展のご案内

c0154713_8653100.jpg
























バ ナ ナ と 三 日 月 展

2008年9月11日(木) → 10月28日(火)

BANANA MOON (バナナムーン) 安曇野の小さな美術館です。
1992年に安曇野絵本館から発刊された成瀬政博の画集名で、
この画集がキッカケで「週刊新潮」表紙絵の連載が始まりました。
私たちにとって大きな転機となった画集『BANANA MOON』を、この美術館の屋号にしています。
バナナと三日月。いつか企画のテーマにしたいと思っていました。
なぜか、そんな気分になったので(笑)、素敵な仲間とやってみることになりました。
だって、秋ですもの...。

参加作家
couleur・cochae・竹崎勝代・辻恵子・成瀬憲子・成瀬政博
成瀬 遼・西 淑・ひらいみも・三谷孝幸・みやしたゆみ・みやまつともみ

1F「週刊新潮」表紙絵原画展vol.16(展示入れ替え) / 2F「バナナと三日月」

※9月25日(木)臨時休館致します。

入館料500円(ドリンク付) 営業時間9:30〜18:00 休館日 水曜日

〒399-8301長野県安曇野市穂高有明3613-32
Tel・Fax 0263-83-8838
http://banana-moonweb.com/museum/html
[PR]
by bana_moon | 2008-09-10 08:19 | 企画展の案内

6月3日のカタチ

暑い暑い夏が終わり、
熱い熱い企画も来週火曜日をもって終わります。

少々、分かりづらい企画展でしたが、
たくさんの方に観てもらえることができました。
ありがとうございます。

突然の呼びかけに
快く賛同してくれた方たちの作品を紹介します。

c0154713_2128294.jpg


 小沢夏美さん。
 アクリル画。
 「3」の数字を鳥に見立て、
 昼と夜のバナナムーン?






c0154713_21321429.jpg

 西條麻梨子さん。
 空き缶を繋ぎ合わせた
 水カンリンバを作ってくれました。
 缶の中の水を上下に揺らしながら
 缶の詰めを弾くことで、
 不思議な音色の楽器に。


c0154713_2139633.jpg

 新村明子さん。
 小さなノートに
 6月3日の一日を
 色と言葉で。
 一冊の本のように。



c0154713_21411442.jpg



 百瀬裕子さん。
 七枚の連続写真。
 一枚一枚がセンス良し。
 さすが。





c0154713_21452285.jpg

 古川 卓さん。
 アクリル画。
 七枚の抽象画ですが、
 このメンバーを
 描いてくれたんだろうな。



c0154713_21513092.jpg


 ようさん工房。
 七匹のウサギかばん。
 このメンバーを作ったのね。
 目に、一点一点
 ナンバリングしてくれてます。
 かわいい。
 このコは「7」番。




c0154713_21554763.jpg

 小林 煌さん。
 木版画。
 三日月の下に
 七人の天使。
 初対面だったけど、
 みんなの表情を思い出しながら
 作ってくれたのかな?
 すごくピースフルな作品。
 



みんな、思い思いに、
6月3日の出来事をカタチにしてくれました。
もう、只々感謝です。

今回の企画の傾向としては、
おじさんウケがいい。です。(笑)

展示室に掲示している挨拶文を読んでくれた
クリエイティブなお仕事をしてそうなおじさんたちが、
「おもしろかったよ。」
と、声をかけてくれることが多かったです。
思いがけない反応でした。

そんな企画展も明日の土日から、
あと4日。

まだご覧になられていない方、
良かったら観に来てくださいね。

分かりづらい企画かもしれませんが、
僅かでも、
6月3日の温度を感じて頂けると幸いです。

感謝。
[PR]
by bana_moon | 2008-09-05 22:32 | 企画展の案内

今月の企画展の補足

暑いですねぇ。でも、いっぱい汗かこうぜっ!

え〜、昨日、新しい企画展の記事をアップしましたが、
きっと、イマイチ「?」でしょ。なので、補足を。

いつも企画展の度に、展示室に企画の挨拶文パネルを設置しています。
そのパネルには、このサイトやDMで伝えきれなかったことを書いています。
その内容をここにアップします。
昨日の記事と合わせて興味を持つようでしたら、観にきてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごあいさつ

6月3日に集った者たち。
ご覧になられる方には、ちょっと内容が伝わりにくい企画展かもしれません。(笑)
少しでも、この企画展の意図を感じていただけるように記します。

2008年6月3日。雨。
ちょっと、気分の重い朝でした。
前日の夜に、中田英寿さんの旅のドキュメンタリーを観て、彼なりの、積極的に新しい人生を歩み始めている姿が眩しく、
「何かを得るためには、何かをあきらめることが必要な時もある。」という言葉が印象に残った。
身の周りでもよく耳にするフレーズだが、自分自身が抱えている問題を指摘されているような気がしたタイミングだった。
変わることを恐れている自分と照らし合わせた。気分が重くなった。そして、翌日の朝を迎えた。

しとしと雨が降っている。
六月の静かな火曜日。きっと、誰も来ない。来なくていいよ。そんな気分だった。
そんな気分とは裏腹に、朝一番に、雨の中、雨合羽を着て、穂高駅から自転車でやって来た女の子。
ここへ訪れるために、夜行バスに乗って、わざわざ島根県から来てくれたそうだ。

その後も、次々にヒトがやって来る。
滅多にないくらい、ひとりひとりの物語と、しっかり向き合える時間もある。
今日はどうしたんだろう。こちらの気分とは真逆の出来事が次々起こる。不思議な幸福感に包まれる。
前日からの気分との振れ幅があまりにも大きく、接客をしながら、涙がこぼれそうになった。

ありがたい。
誰に頼まれた訳でもなく、自分たちが勝手に始めたこんなことに、付き合ってくれるヒトたちがいる。
少しの時間だけ、想いを重ねてくれるヒトたちがいる。
後ろ向きだった気分が動き出す。
前を向いて、変わることを楽しめばいいのだ。そう思えた。
そう思えた時、すぐに動き出そうと。また、同時に思った。

見馴れた顔や、初めての顔。それぞれに、談笑したり本を読んだり、楽しく過ごしている。
思い切って、声をかけてみた。
みんな、一瞬、ぽか〜んとした表情になったが、丁寧に、今日の出来事を伝えた。今日の想いを伝えた。
耳を傾けてくれた。理解を示してくれた。
今日のことをカタチに残そうとなった。みんなで、少しずつの想いを重ねようと。偶然居合わせた見知らぬ者同士で。
気がつけば、雨は上がっていた。想いを伝えきったあと、過呼吸になった...。(笑)

そんな企画展なんです。少しでも、6月3日の温度を感じて頂ければ幸いです。 バナナムーン館主

追記
環境の問題や物価の上昇、TVから流れる遠い国の争い。等々。
あまり深く考えなくても、少しずつ、私たちの暮らしに変化をもたらしている。と、感じる日々が多くなる。
年齢を重る度に少しは知識も増え、子供の寝顔を眺めては未来を想う・・・。
いつの時代にもありえることだが、きっと、大きな変化の過渡期なのだと。そう言い聞かせて、少し気持ちが楽になる。
こんなことを感じながら、6月3日はやって来たんです。

c0154713_21252461.jpg









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうことです。ちょっとは理解してもらえますか?
この気分を分かって頂ける方、ぜひ、観にきてください。
[PR]
by bana_moon | 2008-08-07 21:34 | 企画展の案内

新しい企画展のご案内

c0154713_12431223.jpg 新しい企画展のご案内。

 6月3日に集った者たち
 2008年8月7日(木)→9月9日(火)

 大きな変化の中にいるような気がしている。
 その変化の中に飲み込まれてしまいそうな気分で、
 6月3日の、雨降る朝を迎えた。

 いつものように開館。そんな気分とは裏腹に、
 それぞれに物語を持った素敵なヒトたちが訪れ、
 そして、しばし触れあう・・・。

 不安な気分が和らぐ。前を向いて、楽しく変化してみようと思った。
 そう思わせてくれた、このヒトたちと、この気持ちを、この温度を、
 カタチにしたいと思った。

 偶然、その場に居合わせたというだけで、
 ぼくの想いに賛同していただいた、見知らぬ者同士で行なう、
 ちょっとイレギュラーな企画展です。
 テーマは、6月3日の出来事をカタチに。ただ、それだけなんです。

 6月3日なヒトたち 小沢夏美(絵)・小林 煌(平面)・バナナ男(6/3)
          新村明子(色と言葉)・西條麻梨子(ノンジャンル)
       古川 卓(絵画)・百瀬裕子(写真)・ようさん工房(布小物)

1F「週刊新潮」表紙絵原画展vol.15 / 2F「6月3日に集った者たち」
[PR]
by bana_moon | 2008-08-06 12:53 | 企画展の案内

初夏の企画展

c0154713_2228172.jpg















初夏の新しい企画展。お知らせします。

木 村 彩 子 作 品 展
2008年6月12日(木)ー 8月5日(火)

 山 の あ る と こ
 川 の あ る と こ
 坂 の あ る と こ

例えば、目の前にある物だったり、花だったり、小さなモチーフが多かった彼女の作品に、
ここ数年、もっと大きな物が見え隠れするようになりました。
周りには、山と川と公園、そして図書館。
彼女曰く、理想的だったという松本の家で過ごした3年間が彼女の何かを変えたのは確かなよう。
そんな変化を見るにつれ、彼女の作品を多くの人にお届けしたいな、と思ったのです。
文・tonico 山田 綾

木村彩子作品展は3会場による共同企画展です。
群青 1F・salon as salon 2F 0263・34・1006(松本)6/12〜8/5月曜定休
tonico 0263・34・6621(松本)7/3〜8/5

1F「週刊新潮」表紙絵原画展vol.15(展示入れ替えました) / 2F木村彩子作品展
※6月19日(木)は臨時休館致します。

ぜひ、ご覧ください。
[PR]
by bana_moon | 2008-06-10 22:41 | 企画展の案内

春の企画展

c0154713_11381668.jpg 新しい企画展のご案内です。

『植木屋ボブさん』三谷孝幸銅版画作品展
 2008.4.24(thu) - 6.10(tue)

 庭師が庭にやってきた。
 チョキチョキとハサミの音が聞こえてくる。
 グォングォンと芝刈り機を押している。
 チョキチョキ、チョキチョキ、パチンとなる。
 シャバシャバと水を撒く。
 また、チョキチョキと音が鳴る。
 庭の音は、グリルグリルとプレスの機械を通過して。

 バナナムーンでは二度目の作品展となる三谷さん。
 4/24・6/10には、作家在館日となっておりますので
 ぜひぜひ三谷さんに会いにきてくださいね。

 三谷孝幸
 http://www.jade.dti.ne.jp/~mimimi/exhibition.html

 1F「週刊新潮」表紙絵原画展vol.14 / 2F「植木屋ボブさん」展

 入館料   500円(ドリンク付)
                        営業時間 9:30~18:00
                        休館日  水曜日
                        ※連休中は無休です。
[PR]
by bana_moon | 2008-04-22 12:12 | 企画展の案内

企画展のお知らせ

c0154713_16492616.jpg 新しい企画展のご案内。

 成 瀬 政 博 の ピ エ ゾ グ ラ フ 展
 2008年3月6日(木) → 4月22日(火)


「週刊新潮」の表紙絵を描きはじめて今春で12年目です。
 年間50枚の表紙絵は500枚を越え、
 もうすぐ600枚に近づこうとしています。
 毎週、ぼくなりの個性を出しながら季節感や編集部の
 要望を取り入れた絵を描いているのですが、
 やはり毎週となると、
 満足いく作品ばかりという訳にはいかないもんですね。(笑)
 数ある表紙絵の中には人気の高い作品もありまして、
 たくさんの方から版画にして欲しいなどという
 リクエストもよくあります。
 さすがに全てを版画にすることは難しいのですが、
 今回新たに20作品をピエゾグラフにしましたので
 表紙絵原画と共にご覧頂ければと思っています。

「週刊新潮」表紙絵画家  成 瀬 政 博

 ※ピエゾグラフはデジタル版画による、
  セイコーエプソンの登録商標です。

 1F「週刊新潮」表紙絵原画展 vol.14 / 2F ピエゾグラフ展



 museum cafe BANANA MOON
 http://banana-moonweb.com/museum.html
[PR]
by bana_moon | 2008-03-03 17:08 | 企画展の案内